サイトマップ

ロベール・カサドシュの生涯を、ジャクリーヌ・ミュラー著の完全版(全15ページ)、1ページの簡略版年表を通じて発見しましょう。
展示室では彼にゆかりの品々をご紹介しています。また参考資料では様々な文献(新聞記事、当時のプログラム、書物)やオーディオ・ビデオ資料からの抜粋をご覧いただけます。
フォトギャラリーにも直接アクセスいただけますのでご利用ください。 .

ロベール・カサドシュは、音楽家として50年のキャリアを積み
独自の文化遺産を築き上げました。

コンサート3000回、膨大なディスコグラフィー、69作品にものぼる作曲、映画、度重なる教育活動等、こうした豊かな創作活動が彼を20世紀有数のフランス音楽家たらしめているのです。

演奏家であると同時に作曲家でもあったカサドシュは、20世紀フランス音楽の主要な流れを観察しながら引き継ぐ、という稀有な特権を手にしていました。彼の「絞首台」の演奏を聞いたラベル本人が、思わずこう言ったそうです。「他人の音楽をここまで理解できるのは、あなた自身が作曲をなさるからでしょう。」

キャリアの大半を築いたアメリカでは、数少ないフランスのスターとして、ホロヴィッツやルビンシュタインとともに、ハリウッドの星型のネームプレートにその名を残しています。

没後30周年を迎えた今日、ここフランスにおいてロベール・カサドシュの業績を正確に記すべく、インターネット上に特別の場を設けることになりました。数々の新ベストアルバム、未発表作品の発行や録音、彼の芸術に関する出版物、ラジオ ・テレビ放送、彼の生涯を描いた映画の公開など、カサドシュの軌跡をなぞる動きが未だかつてなかったほど高まっている中、ホームページ開設の企画はまさに時機を得たものだと言えるでしょう。

世界中の人々がこの類稀なる芸術家の輝きに余すことなく触れることができるよう、その人となりの記憶を生き生きとよみがえらせ、その作品のクオリティを証言しているのが、この《Robert Casadesus.com》です。



トップに戻る